潜水艦イ-57降伏せず 作品情報

せんすいかんいごじゅうななこうふくせず

『まり子自叙伝 花咲く星座』の松林宗恵 監督作品。

日本の敗色濃い昭和二十年初夏、沖縄水域にいた潜水艦イ-57は突如マレー半島ペナン基地へ回航を命ぜられ、そこで「和平工作を推進するため某国外交官父娘をスペイン領カナリー諸島に輸送せよ」との意外な命令を受けた。この命令は、大本営の参謀数名が日本を敗戦より救うため少しでも有利に和平条約を結ぼうという極秘計画によって発せられたものであった。イ-57艦長・河本少佐は初め頑として命令を受付けなかったが、横田参謀の涙の説得に屈した。しかし問題は血気盛んな七十数名の艦員が果して和平推進の片棒かつぎに賛成するかどうかであった…。

「潜水艦イ-57降伏せず」の解説

太平洋戦争末期、特殊任務をおびて行動した潜水艦とその乗組員のヒューマニズムを描いた川村六良の小説を原作に「娘の中の娘」の須崎勝弥と「眠狂四郎無頼控 魔剣地獄」の木村武(1)が脚本を書き「まり子自叙伝 花咲く星座」の松林宗恵が監督した。撮影は「大学のお姐ちゃん」の完倉泰一。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督松林宗恵
出演池部良 三橋達也 三島耕 平田昭彦
制作国 日本(1967)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「潜水艦イ-57降伏せず」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:50:29

広告を非表示にするには