LOFT ロフト 作品情報

ろふと

永遠の美を求めてミイラになった少女が甦る!

芥川賞作家、春名礼子は、スランプから脱却するために、純文学から大衆小説へと路線を変えようとしていた。しかし筆はなかなか進まず、そのせいか体調も悪くなってきた。そこで、編集担当者の木島の紹介で、高円寺のマンションから森の中にある古い一軒家に移り住み、執筆に専念することにした。家の前には、人気のない不気味な建物があった。ある夜、礼子は、その建物に一人の男が出入りしているのを見る。それ以来、礼子はその建物に惹かれるようになる。その頃から、礼子の周りに不思議な現象が起こり始める。

「LOFT ロフト」の解説

『回路』、『CURE キュア』などで、ホラーの枠を超え、世界から注目されている黒沢清監督の最新作。本作は、豊川悦司扮する大学教授・吉岡が、千年前のミイラを発見したところから話は始まっている。主人公たちは、妄想と現実の区別がつかなくなり、奇妙なセリフが続くが、吉岡が何度も口にする言葉、「祈り」と「救い」が、本作のメッセージと思われる。恐怖というより、不思議な感覚に包まれる異色ホラーである。主演は、『嫌われ松子の一生』で、最近めきめきと実力をつけてきた中谷美紀と、今や日本を代表する俳優とも言える豊川悦司。また、ドラマのイメージが強い安達祐実が、不気味な役どころを怪演。演技の旨さを見せ付けている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年9月9日
キャスト 監督・脚本黒沢清
出演中谷美紀 豊川悦司 西島秀俊 安達祐実 鈴木砂羽 加藤晴彦 大杉漣
配給 ファントム・フィルム
制作国 日本(2005)
上映時間 115分

(C)2005『LOFT』制作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「LOFT ロフト」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:50:26

広告を非表示にするには