三月のライオン 作品情報

さんがつのらいおん

事故で記憶喪失になった兄と、彼を恋人のように慕う妹との危うく切ない愛の行方。

ある初冬の朝、古びたアパートの一室に裸の少女がいる。同じ朝、病院のベッドで目覚めた青年はあいまいに微笑んでいる。彼には過去の記憶がないのだ。その微笑みには、赤ん坊の無垢さと、この世界への戸惑いが浮かんでいた。兄と妹、妹は自分をアイスと名付け、兄をハルオと名付ける。ハルオには妹の記憶もなければ、アイスの記憶もない。「あたしアイス、あなたの恋人です」と病院に現れた妹は兄に初めての嘘をつく。ひとりは記憶を失い、ひとりは嘘をつき、思い出を持たない恋人の2人が住居として選んだのは、あと2カ月で取り壊される古いビルの一室。ぎこちない2人の生活が始まった…。

「三月のライオン」の解説

事故で記憶喪失になった兄と、彼を恋人のように慕う妹との危うく切ない愛の行方を描く。脚本・監督は『風たちの午後』の矢崎仁司。共同脚本は宮崎裕史と小野幸生。撮影監督は石井勲がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督矢崎仁司
出演趙方豪 由良宜子 内藤剛志
制作国 日本(1992)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「三月のライオン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-04-06 00:01:29

広告を非表示にするには