全身と小指 作品情報

ぜんしんとこゆび

兄と妹。許されざる関係の先にあるものは…。

とある冬。純と久美の兄妹は、肉体関係を持った。それから7年後、純は移動デリヘルのオーナーとなり、ヘルス嬢のユキと関係を持ちながら、無気力な日々を過ごしていた。彼のよき理解者である心理カウンセラーの武田には記憶喪失障害を装い、過去を隠している。そんな純の不可解な行動に気づいた武田は彼の記憶を探ろうと、純と久美が一緒に写真に写っていた樹海に、純とともにやってくるが…。

「全身と小指」の解説

兄と妹という、本来結ばれてはならない2人の恋愛。そこから湧きのぼる感情や行動を描き出したのがこの作品…。そう言うと、「禁断の関係の先にある真実の愛」のように、純愛的なテーマを思い浮かべる人も多いだろう。しかし『全身と小指』は、そんな生ぬるいものにはとどまらない。禁忌の愛のさらに先にある、女と男の恋愛感の差を、繊細かつ鮮烈に映し出しているのだ。女と男には決定的な違いがあり、ゆえに求める愛のかたちもちがう…。そんなことが、衝撃的なラストとともに観る者の心を射抜いていく。監督は『ベロニカは死ぬことにした』の堀江慶。長まわしを使うなど、登場人物の心の機微を搾り出すような演出を見せてくれた。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年7月15日
キャスト 監督堀江慶
出演池内博之 福田明子 片岡礼子 赤堀雅秋 街田しおん
配給 ニューメディアジェネレーション
制作国 日本(2005)
年齢制限 R-18
上映時間 109分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「全身と小指」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:50:13

広告を非表示にするには