三匹の野良犬 作品情報

さんびきののらいぬ

『投げたダイスが明日を呼ぶ』の牛原陽一が監督したアクションもの。

死刑囚岡本隆は刑務所に護送される途中、木暮、平野両刑事に体当りを食わせて逃げだした。それから数時間後、岡本はアイビー姿の若者英次が運転するスポーツ・カーをかって、巧みに非常線をくぐりぬけていた。東京に戻った岡本は、先ず彼のボス片桐を訪ねた。…岡本が片桐組の幹部だったころ、彼は資金づくりのために、組員権藤らと共に、横浜の保税倉庫におし入り、巨額のダイヤを強奪した。ところがこのとき権藤は、警備員を射殺してしまったのだ。が、事件後、権藤は白坂、三上を抱きこんで岡本一人に殺人、強盗の罪をなすりつけてしまったのだ…。そして今、岡本は復讐を誓って片桐組を訪ねた…。

「三匹の野良犬」の解説

河野典生の原作を、『さすらいは俺の運命』の山崎巌が脚色『投げたダイスが明日を呼ぶ』の牛原陽一が監督したアクションもの。撮影は『意気に感ず』の峰重義。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督牛原陽一
出演小林旭 宍戸錠 和田浩治
制作国 日本(1965)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「三匹の野良犬」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:50:10

広告を非表示にするには