風雲児~長者番付に挑んだ男~ 作品情報

ふううんじちょうじゃばんづけにいどんだおとこ

どん底から長者番付にまでのぼり詰めた男の熱い想いを描く、骨太ドラマ

着物の販売を職とする浅岡裕ニは、熱意はあるがなかなか商品が売れないでいた。結局自分の営業成績を盗んだ上司を許せずに会社を辞め、ソープ嬢のヒモとなってしまう。しかし浅岡は一念発起し、数年後、自ら着物販売の会社を立ち上げた。浅岡の人柄にほれ込んだ人材が集まってくる中で独自のビジネスモデルを展開し、会社は3年間で年商20億にまで成長。だが順風満帆の浅岡は、脅迫の容疑で突然警察に逮捕されてしまうのだった…。

「風雲児~長者番付に挑んだ男~」の解説

実在の人物をモデルに、ビジネスの世界でのし上がっていく男を描いたドラマ。主人公の浅岡裕二が、さまざまな困難を才覚と熱い想い、仲間たちの支えで乗り越えていく。その姿はまさしく“風雲児”であり、作品のテイストもビジネスドラマというよりは、戦国武将モノやスポ根モノに近い。それだけ、男のカリスマと情熱を骨太に映していると言えるだろう。この作品のエグゼクティブプロデューサーを務める三浦和義は「ニートやフリーターの背中を押せるような作品にしたかった」と語るが、物語は未就職の人以上に、仕事の現実を知る社会人の胸にこそ響くはず。仕事で疲れた心を奮い立たせてくれる作品だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年6月10日
キャスト 監督石原興
出演美木良介 国分佐智子 雛形あきこ 板尾創路 加納竜 岸本祐二 小西博之 井上晴美 街田しおん
配給 アットマークライブ
制作国 日本(2006)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「風雲児~長者番付に挑んだ男~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:59

広告を非表示にするには