喜劇 頑張らなくっちゃ! 作品情報

きげきがんばらなくっちゃ

独身の万年平巡査を主人公にして、現代の大都会に棲息する人々の生態を、哀感と笑いで綴る。

上野署に勤務する山崎巡査は三十三歳になるが、東北の田舎育ちのせいか、東京のテンポにあわず、今だに平巡査で結婚もできないでいる。しかも婦人警官をしている妹の弘子は上野署の巡査部長原田と結婚しているため、義弟の新婚家庭に居候をさせてもらっているのだからしまらない。ある非番の夜、陸橋の上で赤ん坊を抱いている女の子と知り合った。話してみると、山崎の受持の区域の住人だとわかるが、彼が警官だと知ると女の子はそそくさと立ち去ってしまう。数日後、戸籍調べ中、先日の女の子と会い、彼女の名はナオミ、年齢は十九歳、三カ月の赤ん坊と、老母きんとで暮していることが判明する。

「喜劇 頑張らなくっちゃ!」の解説

井手雅人の原作から『女の意地』の下飯坂菊馬と井手自身が脚本を書き、『開運旅行』の瀬川昌治が監督した。撮影は『黒の斜面』の丸山恵司がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督瀬川昌治
出演フランキー堺 倍賞千恵子 財津一郎
制作国 日本(1971)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「喜劇 頑張らなくっちゃ!」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:49

広告を非表示にするには