ピンクパンサー 作品情報

ぴんくぱんさー

クルーゾー警部が、最高に愉快なコミック・アドベンチャーとともにカムバック!

サッカーの国際試合で、フランス代表チームの監督グルアンが何者かに殺害され、所有していたピンクパンサー・ダイヤモンドが忽然と姿を消した。ドレイフェス警視は、この事件で自らを引き立てるため、クルーゾーを警部に抜擢し任務にあたらせる。早速、助手のポントンとともに犯人逮捕に乗り出したクルーゾー警部だが、捜査に向かったニューヨークの空港でとんでもないトラブルに巻き込まれ、『フランスの恥』と報道されてしまう…。

「ピンクパンサー」の解説

1963年の『ピンクの豹』で生まれたマヌケな警部クルーゾー。名優ピーター・セラーズのイメージが染み付いたこの役柄に、現代最高のコメディアン、スティーブ・マーティンが挑んだ!白髪にチョビ髭で、すましきったマーティンの見た目もユーモラスだが、何といっても、物語に詰め込まれた笑いの数々が魅力たっぷり。(アメリカ人の)マーティンがフランス語訛りの英語を直すためにアメリカ英語を習うシーンは、含み笑いでは済まされないだろう。脇を固める役者陣も豪華。高慢なドレイフェスを演じるのは、これまたコメディ・センス抜群のケヴィン・クライン。硬派な刑事ポントンにはジャン・レノ、そしてグルアンの恋人ザニアには、ポップスターのビヨンセが扮している。笑いの妙が詰まったエンターテイメント、とにかく心から楽しみたい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年5月13日
キャスト 監督ショーン・レヴィ
脚本・出演スティーブ・マーティン
出演ケヴィン・クライン ジャン・レノ ビヨンセ・ノウルズ エミリー・モーティマー ヘンリー・ツェーニー
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2006)

(C)2006 TWENTIETH CENTURY FOX & METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ピンクパンサー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:42

広告を非表示にするには