まむしの兄弟 二人合わせて30犯 作品情報

まむしのきょうだいふたりあわせてさんじゅうはん

“まむしの兄弟”シリーズ7作目。監督は『やくざ対Gメン 囮』の工藤栄一。

久し振りに出所した政太郎ことゴロ政と、ゴロ政を迎えに来た舎弟分の勝の二人は、神戸・新開地に舞い戻った。新開地は、新興やくざの加賀組が勢力を誇っており、見むきもされないゴロ政と勝は、腹いせに組長加賀の経営する高級クラブで大暴れした末に、チンピラたちに掴まってしまった。だが二人は、不良少女ジュンに救出された。一人ぼっちのジュンは、男になりたいばかりに、まむしの兄弟を救い、その代りに五分の兄弟分としてまむしの仲間に加えてもらおう、という魂胆だった…。

「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」の解説

まむしのような粘着力を持ち、クソ度胸と腕力は抜群だが、お人好しでへマばかりしている二人組が暴力団を相手にしての活躍を描く。脚本は『女番長 感化院脱走』の鴨井達比古、撮影は『学生やくざ』のわし尾元也がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督工藤栄一
出演菅原文太 川地民夫 東三千
制作国 日本(1974)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:38

広告を非表示にするには