デイジー 作品情報

でいじー

可憐なデイジーが導く運命の愛

オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨンのもとに頻繁に届けられるデイジーの花。それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。名前も姿も知らない送り主こそ運命の恋人だと信じるヘヨンは、肖像画の客として花を持って現れたジョンウに心惹かれるようになる。そんなヘヨンの毎日を人知れず見守り続ける男パクウィ。花を育てクラシック音楽を愛するその男は暗殺のプロだった…。

「デイジー」の解説

穏やかな日常が突然戦場さながらの危険にさらされる。暴力とは、あるいは運命とはそういうものなのかもしれない。『インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ監督が『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョン、『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソン、『エンジェル・スノー』のイ・ソンジェという三大韓流スターを揃えて、恋愛映画の古典的手法とも言える三角関係と非情な運命を描く本作は、ドラマチックな韓国ロマンスと容赦なく撃ちまくる香港アクションの醍醐味をダブルで楽しめるつくりになっている。チョン・ウソン演じるパクウィが懸命に絵画を独学したり、窓から覗き見るヘヨンと同じタイミングでコーヒーを飲んだりする姿に恋する男の原型がある。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年5月27日
キャスト 監督アンドリュー・ラウ
出演チョン・ウソン チョン・ジヒョン イ・ソンジェ
配給 東宝東和
制作国 韓国(2005)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「デイジー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:31

広告を非表示にするには