若き日の信長 作品情報

わかきひののぶなが

『人肌牡丹』の森一生が監督した時代劇。

戦国時代。若き織田信長は尾張八カ郷を収め、清洲城により駿遠三カ国の領主、今川義元と対していた。日高城主、山口左馬之助は歴代織田家に仕えていたが、今川方の優勢に屈し、内応の約束をした。娘の弥生を人質として清洲城に送ったのは、これを隠すためである。彼女を林美作守と平手五郎右衛門が出迎えた。美作守は名古屋の老臣林佐渡守の伜であり、五郎右衛門は信長の守役平手中務の長子である。信長は奇行で知られていたが、実は遠謀深慮の武将であった。林佐渡守が信長の弟信行を擁して今川勢に降り、尾張の安全を計ろうとしていることも見抜いていた…。

「若き日の信長」の解説

大佛次郎の歌舞伎劇から、『遊太郎巷談』の八尋不二が脚本をものし、撮影は『人肌牡丹』の相坂操一。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森一生
出演市川雷蔵 金田一敦子 青山京子
制作国 日本(1959)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「若き日の信長」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:24

広告を非表示にするには