大江山酒天童子 作品情報

おおえやまさけてんどうし

『浮かれ三度笠』の田中徳三が監督した、日本三大伝統の一つ“大江山の鬼退治”の物語。

平安の末期。栄華を誇る時の権力者、関白太政大臣藤原道長の恐れるものはただ一つ、寵愛する渚の前を悩ます妖怪の襲来だった。道長は都の治安を司る源氏の大将頼光に渚を払い下げ、妖怪から免れた。頼光には渡辺鋼、坂田金時、碓井貞光、卜部季武の四天王に加えて平井保昌、近習の菊王丸がいた。綱の妹こつまと頼光は恋仲だった。渚が頼光の館に来た夜、妖怪茨木童子が現れ、渚は頼光に救われた。その夜、野盗袴垂保輔の一党が池田中納言の館を襲い桂姫を連れ去る…。

「大江山酒天童子」の解説

川口松太郎の原作を、『銭形平次捕物控 美人蜘蛛』の八尋不二が脚色、撮影は『初春狸御殿』の今井ひろし。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督田中徳三
出演長谷川一夫 市川雷蔵 勝新太郎
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「大江山酒天童子」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:21

広告を非表示にするには