TAKI 183 作品情報

たきいちはちさん

生きる意味、行方不明。

ニートが溢れる街、渋谷。無気力な若者の中、やたら眩しい原色を放っている男がいた。それがグラフィティ・ライターのトミーだ。脳裏に落ちてきたイメージを、スプレーで書き殴る。その色彩に惹かれたかのように、カン、バッタ、吉野山、ヲンナの4人がトミーの周りに集まってくる。ある日5人は、あばら家で通称“スルメ屋敷”の壁に、ボム(描く)する。でもグラフィティ・アートの多くは、公共物に絵を描く違法行為だ。完成後、被害届を出させたい警察の手により彼らは、家主・スルメ婆の前につき出されてしまう。ところが、スルメ婆は「自分が依頼した」とかばった上、なけなしの千円を握らせる。解放されたものの、スルメ婆から哀れみの感情を感じたトミーは、突然描くことの意味を考え始める…。

「TAKI 183」の解説

普遍的な行き場の無い青春を、イマに描く“フラフィティ・ムービー”が誕生!これからの映画界を担う、期待の5人のストリート・パフォーマンスが炸裂する!!(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年1月28日
キャスト 監督小林正樹
出演塚本高史 忍成修吾 加藤ローサ 窪塚俊介 村田充
配給 コムストック
制作国 日本(2005)

(C)「TAKI183」FILM PARTNERS

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「TAKI 183」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:16

広告を非表示にするには