最終兵器彼女 作品情報

さいしゅうへいきかのじょ

愛しい彼女は究極の兵器だった―。“サイカノ”実写映画化

内気な少女・ちせと心優しい青年・シュウジは同じ高校に通うクラスメイト。ちせの告白をきっかけにふたりは交際を始める。その日シュウジは街でちせへのプレゼントを買っていた。だが幸せな時間は突如終わりを告げる。上空に無数の爆撃機が飛来、街を破壊し始めたのだ。逃げ惑う人々の中、足を痛めてしまうシュウジ。その時、鋼鉄の翼を生やした少女が舞い降り、間一髪シュウジを救う。それは人間兵器に変わり果てたちせだった!?

「最終兵器彼女」の解説

“サイカノ”の愛称で知られる高橋しん原作の同名コミックを完全実写化。普通の高校生でありながら兵器として戦う宿命を背負わされた少女・ちせと、戸惑いながらも彼女を守ろうとする青年・シュウジ。ふたりの純愛を、プラトニックな学園ドラマと終末観漂うSFアクションという対極のジャンルをミックスして描く異色のラブストーリー。ヒロインが兵器になった理由や戦争が展開される背景の説明を廃し、唐突にシチュエーションだけを提示するというスタイルも原作が支持された要因で、その点でも忠実な映画化となっている。主演はちせ役に前田姉妹の妹・亜季、シュウジ役に窪塚兄弟の弟・俊介がそれぞれ扮し、フレッシュな魅力を振りまいている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年1月28日
キャスト 監督須賀大観
原作高橋しん
出演前田亜季 窪塚俊介 木村了 貫地谷しほり
配給 東映
制作国 日本(2006)

(C)2006「最終兵器彼女」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「最終兵器彼女」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:13

広告を非表示にするには