博徒一代 血祭り不動 作品情報

ばくといちだいちまつりふどう

『続・秘録おんな牢』の安田公義が監督した任侠もの。撮影は『妖怪大戦争』の今井ひろし。

昭和初期。六年ぶりに娑婆へ戻った桜田丈吉は、北陸新津の弟分、勇一を尋ねた。だが、勇一は大戸一家の代貸として羽振りを利かし、北陸一円を差配する長丸一家泉谷の跡目を狙う大戸の片腕として画策していた。丈吉が訪ねた晩、長丸一家の二代目と目される北松の子分稲三が、大戸を襲った。この一件を北松の指図と睨んだ勇一は、稲三に拷問を加え、言質を取ろうとするが、耐えきれず死亡してしまう。そして稲三の死は、北松と大戸の間に、一触即発の危機を呼ぶが…。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督安田公義
出演市川雷蔵 近衛十四郎 亀井光代
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「博徒一代 血祭り不動」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:48:57

広告を非表示にするには