カミュなんて知らない 作品情報

かみゅなんてしらない

恋と映画と不条理殺人──曖昧でしたたかな青春という名のタペストリー

とある大学の映像ワークショップ。元映画監督でもある中條教授(本田博太郎)の指導の下、映画『タイクツな殺人者』のクランクインが目前に迫っていた。慌ただしく準備に追われる学生たち。主演俳優の突然の降板を受けて代役探しに奔走する助監督の久田(前田愛)は、演劇サークル所属の池田(中泉英雄)をなんとか獲得する。一方、監督の松川(柏原収史)は、盲目的な愛に走る恋人ユカリ(吉川ひなの)に手を焼いていた。

「カミュなんて知らない」の解説

寡作な映画監督・柳町光男が、実際に大学で教鞭を執った体験を活かして、すこぶる面白い青春群像劇を撮った。カミュの小説「異邦人」を彷彿とさせる、“殺したらどうなるか”試してみたかった高校生の老婆殺害事件を扱った映画の製作現場と、未来への期待と不安を抱きながらも、健全な食欲と性欲に支えられた学生たちのキャンパスライフが織り成す多彩な人間模様。若さと老い、あるいは男と女の滑稽かつ哀切なドラマが展開する。そして、圧巻は劇中映画の殺害シーンだ。もしや本当に起きているるのではと錯覚してしまうほどの鬼気迫る臨場感は見事と言うほかはなく、かつてない斬新さとダイナミックさを持つ日本映画が誕生した。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年1月14日
キャスト 監督柳町光男
出演柏原収史 吉川ひなの 前田愛 中泉英雄 黒木メイサ 田口トモロヲ 玉山鉄二 本田博太郎
配給 ワコー、グアパ・グアポ
制作国 日本(2005)
上映時間 115分

(C)2006「カミュなんて知らない」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-06-05

私はカミュの小説が好きだった。この映画を観た時は興味深いストーリーだと思った。学生のありのままの姿がいいと感じた。黒木メイサさんが大好きだ。

最終更新日:2020-06-10 16:00:10

広告を非表示にするには