化石の荒野 作品情報

かせきのこうや

5千キロの金塊を積んだ爆撃機が終戦と同時に消えた…

警視庁捜査一課の部長刑事・仁科草介は深夜、マンションの自室に帰って来て突然、二人連れの男に襲われた。意識が回復した時は、目の前に彼の拳銃で撃たれた男の死体が転がっており、彼は罠にかけられたのだった。独力で事件を解決しようと部屋を後にした。新聞に被害者は米人貿易商で「現職刑事の犯行か謎を残して失踪」と載っていた。仁科の友人であり、新聞記者の蜂島は彼の無実を信じ協力することを誓った。彼と別れた直後、仁科は千沙に声をかけられ、彼女の電話番号を教えられた。仁科は山沢という男から大物政治家・中臣晴義の長男で、元警視庁のエリート、現在は日本各地の山岳地帯を踏査している中臣克明の尾行を5千万円の報酬で依頼を受けた。山沢は仁科を罠に陥れこの仕事をさせるのだと語るが…。

「化石の荒野」の解説

5千キロの金塊を積んだ爆撃機が終戦と同時に消え、36年後に一人の男の出世の秘密とともにあばかれてゆく謀略の数々を描く。原作は「黄金の犬」に続いて4作目の映画化作品になる西村寿行の同名小説。脚本は「ヨコハマBJブルース」の丸山昇一、監督は「皮ジャン反抗族」の長谷部安春、撮影は「女高生偽日記」の森勝がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督長谷部安春
出演渡瀬恒彦 浅野温子
制作国 アメリカ(1982)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「化石の荒野」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-07-01 00:01:23

広告を非表示にするには