メノット 作品情報

めのっと

こんな愛し方、不憫やな…。

名家・西徳寺家の姉妹、久美(国分佐智子)と香織(藤本綾)は、毎年夏になると別荘で暮らしていた。香織は今年も婚約者の津山(阿部進之介)に連れられてきてみると、先にきた姉の他に、別荘を修理している男たちがいた。毎年久美と暮らす夏を楽しみにしていた香織は、危険な匂いのする男たちのひとり、高塚(金子昇)に興味を持つ。やがて、高塚と久美の秘め事を目撃した香織は、高塚に対する感情がふくらんでゆく。香織は小さいころから、いつも大事なものを綺麗な姉・久美にとられてばかりだったからだ。一方、久美も密かに香織を疑っている。香織の初体験の男は、夫の俊彦ではないかと思っていたから。次第に姉妹の仲は、高塚をめぐって揺れ動いてゆく…。

「メノット」の解説

「メノット」とはフランス語で「手錠」という意味。このキーワードを元に、腐れかけた名家・西徳寺家の別荘で姉妹の愛憎がエロティックに繰り広げられる。監督は「ラヴァーズ・キス」「富江」などアイドルから女優まで描き続ける及川中。主演の香織役には、グラビアアイドルとして名を馳せた藤本綾。鮮烈な銀幕デビューは、映画初主演にして引退映画となり、数々の話題を提供し続けている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年7月23日
キャスト 監督及川中
出演藤本綾 国分佐智子 金子昇
配給 ブルー・プラネット
制作国 日本(2004)
年齢制限 R-15
上映時間 104分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「メノット」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:48:17

広告を非表示にするには