殴者 作品情報

なぐりもの

格闘と劇映画を組み合わせ、人生を殴り合いにかけた男たちの、斬新な時代劇ドラマ

明治時代初期。雷一家のボス、ピストル愛次郎は、薬の闇取引と、強い男たちを闘わせる「殴り合い」のゲームを仕切っていた。腹心の暗雷は、幼い頃に愛次郎に父を殺されながら、愛次郎の影法師として働いている。ある日暗雷は、対立している蟷螂一家が、画期的なイギリスの新薬を扱っていることを知り、薬を持ち込んだイギリスの商人、ヴィンセントに近づいた。雷一家の横槍に怒った蟷螂一家に、暗雷は、販売権をかけた「殴り合い」の試合を持ちかける。

「殴者」の解説

西洋文化が流れ込む維新時代を舞台に、鮮やかな色彩でミステリアスなドラマを描く、異色の時代劇が登場した。タイトルにもなっている殴者とは、殴り合いの試合に挑む男たちで、闘うことに生きがいを見出している者。劇中では、桜庭和志、高山善廣、ヴァンダレイ・シウバら、本物の格闘家たちが土俵の上で熱い殴り合いの勝負を見せている。監督は、『けものがれ、俺らの猿と』の須永秀明。憂いを秘めた暗雷役には、玉木宏。強烈な個性を放つ愛次郎には、陣内孝則が扮している。暗雷と悲しい慕情で結ばれている月音を、水川あさみが妖艶に演じた。リングの上とは一味違った格闘アクションと、複雑な師弟関係、悲しい慕情など、ロマンチズムに溢れた時代劇ドラマを楽しめる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年9月23日
キャスト 監督須永秀明
出演玉木宏 陣内孝則 水川あさみ 虎牙光揮 篠井英介 山田明郷
配給 ワイズポリシー
制作国 日本(2005)
上映時間 93分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「殴者」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:48:05

広告を非表示にするには