1.0 ワン・ポイント・オー 作品情報

わんぽいんとおー

ナノテクロノジーによって開発されたウィルスにより、感染者が落ち入った不条理な迷宮。サンダンス映画祭で話題を呼んだSFスリラー

老朽化したアパートで暮らすコンピューター・プログラマーのサイモンは、ある日、部屋の中に見たこともない箱が置かれているのに気づく。箱を開けてみると中には何もない。何度捨てても、箱はいつのまにかまた部屋の中に置かれている。誰かが侵入しているのだろうか。やがてアパートの住人たちが次々に変死していく。みな部屋に箱が届いていたのだ。箱を送ってきたものの目的は?そしてサイモンの運命は…。

「1.0 ワン・ポイント・オー」の解説

2004年のサンダンス映画祭で、『SAW』と並んで大きな話題を集めた不条理SFスリラーが公開される。物語の舞台は、時代も場所も特定できない古めかしいアパート。とはいえ部屋は広く、調度品も高級感があり、住民たちはそれなりの成功者なのだろう(ロケはルーマニア)。オレンジ色のライトが廊下を包む無気味さは、コーエン兄弟の『バートンフィンク』のホテル、ラース・フォン・トリアーの『エレメント・オブ
・クライム』の夢と現実の狭間の世界を連想させる。アパートの住民たちや主人公に接する人たちは、みな誇張されたようにグロテスクだ。本当にアパートの住人たちは企業の実験台にされているのだろうか。それともすべて主人公サイモンの妄想なのか。主人公が落ちていく迷宮はまるでクローネンバーグの世界。観賞後にはギリアムの『未来世紀ブラジル』のような疲労感が漂った。ここで名をあげた監督名すべてがわかる人に、おすすめの不条理スリラーだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年6月18日
キャスト 監督ジェフ・レンフロー マーテン・トーソン
出演ジェレミー・シスト デボラ・カーラ・アンガー ウド・キア ランス・ヘンリクセン
配給 アルバトロス・フィルム
制作国 アメリカ=ルーマニア=アイスランド(2004)
年齢制限 R-15
上映時間 92分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「1.0 ワン・ポイント・オー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:47:54

広告を非表示にするには