鏡心<3Dサウンド完全版> 作品情報

きょうしんすりーでぃーさうんどかんぜんばん

バリ島に旅立った女優が発見したものは?石井聰亙監督最新作

その女優はバリ島にいた。心の内に積もった孤独や違和感は、果てなく続く青い海の中に、溶け込んでいった。何もかもが大きくて、深くて、優しい。「どこにいても、あなたはあなた。すべてはあなたの心の鏡でしょ?」傍らに座った不思議な少女の言葉が、胸に痛い。波の音とガムランの響きが、まるで幻想のように耳から全身へと駆け巡り、何故か新鮮に見える稲の、瞳を通してザワザワと心を揺さぶる。いつからここにいたのか、横にいる少女は誰なのか、覚えていない。ただ、なぜかここは、現実から遠く離れた虚構のように思えていた。

「鏡心<3Dサウンド完全版>」の解説

この作品「鏡心・完全版」は、2004年、韓国全州映画祭プロデュースにより制作された、「デジタルショートフィルム・3人3色・2004」の3本の中の1本として映画祭に提出された短編作品、「鏡心」がその母体となっています。しかし、この短編「鏡心」(混同を避けて、今後は「Mirrored Mind」と呼ばれます)と、今回の「鏡心・完全版」は似ているようで、全然別物であると石井聰亙監督は断言します。

一部の追加撮影後、20分を越える上映時間の延長と編集の完全やり直しがなされ、当初からの希望であったハイビジョン24Pフォーマットへの全面変換(短編版はデジタルベータ画像、さらに東京上映はダウンコンバートのDVでなされた)、音響や音楽の100%やり直し、そして3D立体音響化ミックスを経て、この度、遂に、石井監督の構想通りに納得のゆく形での完成を見たのです。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 製作・監督・脚本・撮影石井聰亙
出演市川実和子 町田康 猪俣ユキ (KEE改め)渋川清彦
配給 スタンス・カンパニー
制作国 日本(2005)
公式サイト http://www.kyoshin-xx.com/

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「鏡心<3Dサウンド完全版>」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:47:49

広告を非表示にするには