新宿やくざ狂犬伝 一匹灯 作品情報

しんじゅくやくざきょうけんでんいっぴきとう

自分が信じた者にだけ仁義を通そうとする一匹狼の男を描く、的場浩司主演作

3年前の平成元年、借金取りの暴力から母親を守ろうとして、相手を刺し殺してしまい、服役した春日洋一。出所後、蕎麦屋に住み込みで働くことになった彼は、しかし客と喧嘩沙汰を起こして仕事をクビになってしまう。行くあてをなくした洋一は、彼の目に惚れ、その男気を見込んでくれた藤吉組の幹部・元木を頼って藤吉組の門を潜る。こうして元木の専属舎弟となった洋一は、ヤクザとして着々と実績を上げていく一方で、花屋に勤める美帆子と夫婦のような同棲生活を始めるのだった。

「新宿やくざ狂犬伝 一匹灯」の解説

自分が信じた者にだけ仁義を通そうとする、一匹狼の男の狂気が招く血の抗争を描いた任侠ドラマ。監督は「借王4」の和泉聖治。脚本は「不法滞在」の香月秀之。撮影を「借王4」の鈴木耕一が担当している。主演は「大いなる完」の的場浩司。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督和泉聖治
出演的場浩司 萩原流行 佐藤友紀 村野武範 室田日出男
制作国 日本(1999)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「新宿やくざ狂犬伝 一匹灯」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:47:42

広告を非表示にするには