社長道中記 作品情報

しゃちょうどうちゅうき

森繁久彌と小林桂樹のコンビが贈る東宝サラリーマン喜劇

太陽食料社長三沢英之助が今、力こぶを入れているのは、新製品のまむし、蛙、かたつむりの罐詰の売出し。その三沢が大阪へ出張することになった。随行をおおせつかったのはコチコチ社員の桑原。社長の旅先の浮気を封ずるボディガードとして彼が選ばれたわけだ。桑原はその融通のなさでは定評があり、同期の中では一番出世がおくれている。三沢社長は車中で早速美人を見つけてちょっかいを出しかけたり、バーのマダムを大阪に呼び出したりする。大阪に着いた三沢は、支社長の土井から最近の我社が競争相手に押されているという報告を聞いて大変驚いた。早速まき返し作戦がはじまる。

「社長道中記」の解説

源氏鶏太の『随行さん』より、「特急にっぽん」の笠原良三が脚本を執筆、「がんばれ!盤嶽」の松林宗恵が監督したサラリーマンもの。(キネマ旬報 全映画作品データベースより)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督松林宗恵
キャスト森繁久彌 久慈あさみ 浜美枝 小林桂樹 英百合子
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「社長道中記」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-09-05 00:01:07

広告を非表示にするには