鉄砲犬 作品情報

てっぽういぬ

田宮二郎主演、“犬シリーズ”第四作目

九州に遊んだ鴨井大介は懐に30万、拳銃の入ったボストンバッグを片手に、伊丹空港に降り立った。早速、大衆酒場“大安”の暖簾をくぐった大介は、顔見知りの刊事木村の視線をあびて、酒にひたったが、その時、置き引きの小六が大介のボストンを奪って逃げた。後を追ったのは新星会のチンピラ松登と香車だ。可愛いハジキを盗られた大介は地団駄ふんでくやしがったが、懐の30万があるのは不幸中の幸いであった。この30万は、九州の賭場で知り合った小玉一夫から、病身の母へと依頼されたものだった。

「鉄砲犬」の解説

『暴れ犬』の藤本義一がシナリオを執筆、『ごろつき犬』の村野鐵太郎が監督した“犬シリーズ”第四作目。撮影は『牝犬脱走』の小林節雄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督村野鐵太郎
脚本藤本義一
出演田宮二郎 天知茂 山下洵一郎 小沢昭一 姿美千子 坂本スミ子 北林谷栄
制作国 日本(1965)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「鉄砲犬」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-06-02 00:01:19

広告を非表示にするには