キノの旅~何かをするために~ 作品情報

きののたびなにかをするために

切なくも哀しい、そして衝撃的な話。

キノは生まれた国を飛び出して、師匠とエルメスと一緒に森の中の小屋に住んでいた。家事の手伝いをしながら、師匠にパースエイダーの訓練を受け、エルメスの運転の練習などをしながら、キノは平和に暮らしていた。そんなある日、川に水を汲みに行ったキノは、生まれた国で出会った青年(自分をかばって命を落とした青年)と同じコートを着た旅人を見かけ、話を聞く。そして、キノはある決心をする。

「キノの旅~何かをするために~」の解説

短編連作の形で綴られる人間キノと言葉を話す二輪車エルメスの旅の話。彼らはいろいろな国を訪れ、いろいろな人々に出会い、そして、3日目に旅立っていく。彼らが出会う人々は少し哀しくて、とても愛おしい。著・時雨沢恵一&イラスト・黒星紅白が描き出す「キノの旅」は、2000年7月に第1巻が発売された短編連作小説。現在までに8巻が発売される大ヒットシリーズとなっている。2003年4月~7月にテレビアニメが放送され、ゲーム化もされた。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督渡辺高志
脚本村井さだゆき
原作時雨沢恵一
声の出演前田愛 相ヶ瀬龍史 翠準子
制作国 日本(2005)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「キノの旅~何かをするために~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:47:18

広告を非表示にするには