Uボート 最後の決断 作品情報

ゆーぼーとさいごのけつだん

名誉の死か、生き延びる勇気か。国を超えた友情を描く戦争ドラマ

1943年、第二次大戦下の大西洋。ドイツ軍と連合軍の戦闘は激化の一途をたどっていた。米軍潜水艦ソードフィッシュは、独軍が誇るUボートの魚雷を被弾。生き残った乗員は捕虜となり、Uボート内に拘束される。狭い館内で敵兵と相対し、憎悪の炎をたぎらせる両国の兵士たち。やがてUボートにも次々と危機が迫る。米軍捕虜が持ち込んだ伝染病、米軍駆逐艦による機雷攻撃、そして味方補給船の断絶。自力での本国帰投は不可能と判断したUボート艦長ヨナスは、米軍士官ネイトに両国が協力して艦を動かすことを提案する。

「Uボート 最後の決断」の解説

『眼下の敵』や『U・ボート』、『U-571』などなど、「ハズレなし」と言われる潜水艦映画の歴史に、また新たな1本が加わった。海中深く、それぞれに故郷を偲ぶドイツとアメリカの兵士たちが、互いの立場を超えて、生還のために協力し合う姿を描く、ヒューマンタッチのサブマリン・アクション。

出演は、『ファーゴ』の個性派俳優ウィリアム・H・メイシー、ゲルマンの軍服がキリリと似合うティル・シュヴァイガー、『戦場のピアニスト』の将校役も印象的だったトーマス・クレッチマンと、派手さはなくとも渋い男の魅力をまとった演技派が結集。次第に緊迫を深めていく潜水艦の中で、手に汗にぎる心理戦を繰り広げてる。愛国心と生還への希望、軍人の矜持と人間の尊厳の間で葛藤する彼らが、最後に下す“決断”を感動とともに見届けよう。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年2月19日
キャスト 監督・脚本トニー・ジグリオ
出演ウィリアム・H・メイシー ティル・シュヴァイガー スコット・カーン トーマス・クレッチマン ローレン・ホリー
配給 エスピーオー
制作国 アメリカ(2003)
上映時間 98分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「Uボート 最後の決断」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:46:56

広告を非表示にするには