荒野の七人 作品情報

こうやのしちにん

7人のガンマンが繰り広げる伝説の決闘劇、ニュープリントで再映!

メキシコの小さな村で暮らす住民たちは、野盗のカルヴェラに収穫を奪われ、飢えに苦しんでいた。村人たちは財産をかき集め、アメリカ国境へガンマンを雇いに出かける。話を聞いた早撃ちのクリス(ユル・ブリンナー)は、たった20ドルでこの仕事を引き受けた。流れ者のヴィン(スティーブ・マックイーン)をはじめ、腕の立つ6人に無鉄砲な若者チコが加わり、7人となった用心棒たちは、村人に銃の使い方を教え、カルヴェラとの銃撃戦に挑む。

「荒野の七人」の解説

西部劇の傑作、ハリウッド映画の伝説といわれた『荒野の七人』が、ニュープリントで甦る。日本で初めて公開されたのが1961年。その後70年代に2度リバイバルされて以来、30年ぶりの登場となった。ストーリーは黒澤明監督の『七人の侍』をベースに作られ、西部劇ならではの銃裁きと、銃に生きる男たちの悲しみを描いていく。主演は、今は亡き大スター、ユル・ブリンナーとスティーブ・マックイーン。

さらに、当時は無名ながら今やハリウッドの名優と呼ばれる男たちが集合し、改めて、気骨に溢れた男たちのかっこよさには、どんなVFXを使ってもかなわないと実感させられる。チャールズ・ブロンソンもジェームズ・コバーンも、溌剌とチコを演じたホルスト・ブッフホルツも逝去したが、時代は流れ、いかに技術が進歩しても、偉大なスターたちの偉大なストーリーは生き続けていく。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年12月25日
キャスト 監督ジョン・スタージェス
出演ユル・ブリンナー スティーブ・マックイーン ジェームズ・コバーン チャールズ・ブロンソン ホルスト・ブッフホルツ ロバート・ボーン
配給 シネカノン
制作国 アメリカ(1960)
上映時間 128分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「荒野の七人」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-13 15:36:47

広告を非表示にするには