ホワイト・ライズ 作品情報

ほわいとらいず

愛する気持ちと切ない嘘が雪に溶けていく、ミステリアスなラブストーリー

広告会社で働くマシュー(ジョシュ・ハートネット)は、婚約者との結婚を控え、故郷のシカゴへ戻ってきた。そんなマシューの目に飛び込んだのは、2年前に突然姿を消した元恋人、リサ(ダイアン・クルーガー)姿。かつてないほどに愛した女性の面影が頭から離れないマシューは、出張を取りやめてリサの行方を捜し始める。やがてマシューはあるアパートの一室にたどり着くが、住人はリサと同じ名前を持つ別人(ローズ・バーン)だった。落胆するマシューだが、彼女には大きな秘密と嘘が隠されていた…。

「ホワイト・ライズ」の解説

愛する人の影を求め、男女の思いが交錯するサスペンスフルな愛のドラマ。オリジナルは、ロマーヌ・ボーランジェとヴァンサン・カッセル出演のフランス映画、『アパートメント』だが、シカゴに舞台を移した本作は、リメイクの枠に捕らわれず、愛の絡み合いを新しい視点で描き、結末に向かって充分にドキドキさせられる。監督は『ギャングスター・ナンバーワン』で異彩を放ったイギリスの精鋭、ポール・マクギガン。

すべてを捨てて最愛の女性を追いかけるマシューにジョシュ・ハートネットが扮し、その純粋な演技がキャラクターに深い親近感を抱かせる。また、ヒロインを演じる2人のリサには、ダイアン・クルーガーとローズ・バーンの『トロイ』組。キャスティングは本作が先、ということだが、大作にも劣らぬコンビネーションを見せてくれる。雪の降りしきるシカゴで巻き起こる、謎と情熱に満ちたラブストーリーをたっぷり味わってほしい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年12月11日
キャスト 監督ポール・マクギガン
出演ジョシュ・ハートネット ダイアン・クルーガー ローズ・バーン マシュー・リラード
配給 日本ヘラルド映画
制作国 アメリカ(2004)
上映時間 116分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ホワイト・ライズ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:46:50

広告を非表示にするには