駿河遊侠伝 賭場荒し 作品情報

するがゆうきょうでんとばあらし

勝新太郎主演の任侠もの

清水港の次郎は、相棒の髪常と組んで東海道を、得意のイカサマ博奕で渡り歩いていた。ある日2人は、次郎が将来を約した女お時を、女街に売りとばした富五郎に会い、争ううちに髪常は富五郎を刺してしまった。2人は人の来る気配にあたふたとそこを逃げ出した。なお旅を続けるうち2人は博奕に敗けて、裸にされた小金に会い、評判の高い女親分おとらが預かる賭場に行き、イカサマのサイをふるったが、おとらに見やぶられ、そこを逃げ出した…。

「駿河遊侠伝 賭場荒し」の解説

子母沢寛の原作を『傷だらけの山河』の新藤兼人が脚色『昨日消えた男』の森一生が監督した仁侠もの。撮影は『柔道名勝負物語 必殺一本』の今井ひろし。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森一生
原作子母沢寛
出演勝新太郎 瑳峨三智子 藤村志保 天知茂 大辻伺郎 丸井太郎
制作国 日本(1964)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「駿河遊侠伝 賭場荒し」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:46:43

広告を非表示にするには