東京湾炎上 作品情報

とうきょうわんえんじょう

タンカーを占領した6人のシー・ジャッカーたちと乗組員、日本政府との攻防を描く

20万トン級タンカー「アラビアン・ライト」は、いま航海を終えようとしていた。突然、遭難信号が打ち上げられ、6人の遭難者を発見した。早速、乗組員は6人を救助したが、彼らはシー・ジャッカーだったのだ。乗組員に銃をつきつけ、磁気爆雷をセットした彼らは、船を東京湾の奥深く突入させ停止させた。そして日本政府に対して苛酷な要求を突きつけた。「鹿児島県喜山CTS及びコンビナートを破壊せよ。そして、その模様をテレビで実況中継せよ」というのだ。

「東京湾炎上」の解説

東京湾内で20万トン級のタンカーを占領した6人のシー・ジャッカーたちと乗組員、最悪の事態を避けようとする日本政府との攻防を描く。原作は田中光二の「爆発の臨界」。脚本は『沖田総司』の大野靖子と『ノストラダムスの大予言』の舛田利雄、監督は『紙芝居昭和史 黄金バットがやって来る』の石田勝心、撮影は『ノストラダムスの大予言』の西垣六郎がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督石田勝心
原作田中光二
出演丹波哲郎 藤岡弘、 金沢碧 北村総一朗 下川辰平 宍戸錠
制作国 日本(1975)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「東京湾炎上」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:46:39

広告を非表示にするには