続・東京流れ者 海は真赤な恋の色 作品情報

ぞくとうきょうながれものうみはまっかなこいのいろ

“東京流れ者シリーズ”第2弾

高知行きの連絡船の中で不死鳥の哲こと、本堂哲也は、殺し屋健を知ったがいつかは健と対決せねばならないことを予感した。哲は友人の秀を探していたのだが、あるキャバレーで乱闘を仲裁した帰り、健に襲われ、危うく逃れた。健は、かつて哲が秀と共に潰した甲田組に頼まれてやったのである。哲を救ったのは安太郎老人で、哲はその紹介で波止場人夫として働いた。安太郎はある日家出した息子浩司を見て追いかけたが、クレーンの荷箱が崩れて下敷になった。哲は責任者の瀬川一家に乗り込むと慰謝料を請求し、安太郎の入院費にあてた。

「続・東京流れ者 海は真赤な恋の色」の解説

川内康範の同名小説を、大野景範と三代大五が脚色、『星のフラメンコ』の森永健次郎が監督した“東京流れ者シリーズ”第2作目。撮影は『仁侠八方破れ』の永塚一栄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森永健次郎
原作川内康範
出演渡哲也 吉田輝雄 橘和子 松原智恵子 垂水悟郎 嵯峨善兵 杉良太郎
制作国 日本(1966)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「続・東京流れ者 海は真赤な恋の色」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:46:39

広告を非表示にするには