女の賭場 作品情報

おんなのとば

江波杏子主演のやくざもの

関東一円の親分衆を集めた盛大な手本引き花会で、名人と言われる沢井辰造が胴師をつとめたが、香取組代貸立花鉄次にイカサマを見破られ、自殺した。辰造の娘アキは、それを聞いて、自分も父の血を引いて胴師としては一人前の腕を持っていたのだが、二度と花札は手にすまいと決心した。アキには堅気の恋人守屋俊夫がいたし、父の残した小料理屋があった。一方、立花は押しの強い性格もあって、次第に頭角を現わし、立花組を組織し、勢力範囲も広がる一方だったが、彼はアキの美しさに惹かれて、自分の賭場の胴師になるように誘った。

「女の賭場」の解説

青山光二の原案を、『ごんたくれ』の直居欽哉と服部佳が共同でシナリオ化し、『若親分あばれ飛車』の田中重雄が監督したやくざもの。撮影は『赤い天使』の小林節雄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督田中重雄
出演江波杏子 水原浩一 酒井修 川津祐介 渡辺文雄
制作国 日本(1966)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「女の賭場」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-02-07 00:01:19

広告を非表示にするには