三人三色 作品情報

さんにんさんしょく

ポン・ジュノ、 ユー・リクウァイ、 石井聰互…3人の監督が描くフィクションとリアリティの境界線とは?

まったく趣の異なった、短編3本のオムニバス。『インフルエンザ』では、失業をきっかけにホームレスとなった男が、凶悪な犯罪者へと転落していく。『夜迷宮』では、大寒波のため、人間は地中深く潜って暮らすしかない近未来が舞台。孤独な青年が、流浪の美しい女性に淡い恋心を抱く。『鏡心』では、心のバランスを崩してしまった映画女優が主人公。仕事を放り出し、東南アジアへ旅に出た彼女は、自分のように寂しげな少女と出会うのだが…。

「三人三色」の解説

毎年、韓国のチョンジュ国際映画祭が、アジア圏を中心に選出した3人の監督に依頼して製作するオムニバス『三人三色』。デジタルフォーマットで撮影・編集した30分程度の短編を、5000万ウォン(約500万円)以内で製作することがルール。2004年度は共通テーマを設定していないが、三者三様のアプローチで「フィクション/リアリティ」の境界線を探求しており面白い。

ソウルの街頭にある本物の監視カメラを使い、虚とも実ともつかぬ犯罪ドラマを展開させたポン・ジュノ監督の『インフルエンザ』。大寒波のため地中深く潜って暮らす近未来の人々を、サイレント映画を思わせるロマンチックな手法で描いたユー・リクウァイ監督の『夜迷宮』など、作品ごとにガラリと趣向が変わるのも楽しい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年11月20日
キャスト 監督ポン・ジュノ ユー・リクウァイ 石井聰互
出演ユン・チェムン コ・スヒ ナ・レン チョウ・チスン ア・ドゥン シャオ・ヘ 市川実和子 猪俣ユキ KEE 町田康
配給 アップリンク
制作国 韓国(2004)
上映時間 100分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「三人三色」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:46:34

広告を非表示にするには