サンサーラ 作品情報

さんさーら

旅を続ける男サンサが見たものは…。アンダーグラウンドの鬼才、ジークフリートが監督、撮影、音楽をこなしたアート系ロードムービー

パリのモンマルトル。テルトル広場で似顔絵書きをしているサンサは、住みにくくなったパリを出て旅に出る。スペインでは女性に一目惚れ、ハンガリーではパレエのリハーサル会場にもぐりこんで警備員に追いかけられる。ここでサンサはオーケストラの指揮者でヴァイオリニストのクリックと出会い、2人は世代を越えた友情を結ぶことになる。かつての友人ジュンと再会し、ジョージの経営する居酒屋で働き、クリックとマルタのリサイタルに現れるサンサ。イタリア、ロシア、インド、そして東京にもサンサはやってくる。

「サンサーラ」の解説

「根っからの放浪人」といった感じのサンサが、世界10カ国以上を旅する、いわばロードムービーだが、そこにはこれといった全体を貫くストーリーはなく、また明解なテーマもない。ただ、サンサの前に現れる人々とサンサの関係を映し出す。そして時にはサンサの存在さえも消え、ただカメラがそこにいるものたちを捕らえる。そこへ監督自身の作曲による音楽が被さってくると、不思議な浮遊感に包まれる。

そんな時には、この作品はかなり「シリアスなアート」の方へ針は触れるのだが、サンサが無邪気に躍動し出し、老ヴァイオリニストのフリックと絡み出すとドラマが生まれ、「ユーモア」や「明るさ」という逆の方向へ針が触れていく。ドキュメンタリーのようだが、即興で撮りながらも「お話」という枠組みは崩さないため、その独特のタッチがこの作品には生まれているのだろう。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年1月29日
キャスト 監督・脚本・撮影・音楽ジークフリート
ヴァイオリン演奏・音楽・出演イヴリー・ギトリス
出演ロシュディ・ゼム 藤谷文子 阿部譲二 マルタ・アルゲリッチ
配給 ザナドゥー
制作国 フランス(2003)
上映時間 118分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「サンサーラ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:46:34

広告を非表示にするには