渡世一代 作品情報

とせいいちだい

高橋英樹、和泉雅子共演によるアクションもの

革新政治結社が暗躍した大正中期。浅草の大親分・飯塚は警察に病床から引っ張られ、彼が所属する大道連盟の資金源について連日厳しい訊問を受けていた。そんな飯塚の身を案じて、女房おしのや、代貸しの伊蔵は所轄署へ日参した。やがて警察の目は伊蔵にもむけられるようになった。これを察した伊蔵は留守を舎弟・木南にたのみ、なじみの芸者・駒千代のもとで身仕度をととのえると別れを惜しむ駒千代をあとに一人旅に出た。

「渡世一代」の解説

植草圭之助の“男の虹”を、『猟人日記』の浅野辰雄と田辺五郎が共同で脚色、『意気に感ず』の斎藤武市が監督したアクションもの。撮影は『涙をありがとう』の萩原憲治。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督斎藤武市
原作植草圭之助
出演高橋英樹 和泉雅子 松尾嘉代 芦田伸介 初井言栄 梅野泰靖 岸田森
制作国 日本(1965)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「渡世一代」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:46:24

広告を非表示にするには