あかね雲 作品情報

あかねぐも

水上勉の同名小説を篠田正浩監督が映画化

昭和12年頃の石川県輪島。まつのは、病身の父と貧しい家計を助けるため、商人宿の女中に出た。ある日、狐独なまつのの相談相手となっている女給の律子が、景気のいい山代温泉へ行こうと彼女を誘った。まつのは迷ったが、ちょうど缶詰会社の外交員の小杉を知り、彼が山代で働き口を見つけてくれたことから、山代行きを決心した。山代に向う列車の中で、まつのは燃える西空にあかね雲を見た。温泉町に着いたまつのは、律子の心配をよそに、小杉を信用して仲居になったが、化粧をして見違えるほど美しくなった彼女は、たちまち酒席の人気者になった。

「あかね雲」の解説

水上勉の同名小説を、『湖の琴』の鈴木尚之が脚色し、『処刑の島』の篠田正浩が監督した文芸もので、独立プロ表現社の第一回作品。撮影は『恋のメキシカンロック 恋と夢と冒険』の小杉正雄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督篠田正浩
原作水上勉
出演岩下志麻 山崎努 佐藤慶 小川真由美 野々村潔
制作国 日本(1967)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「あかね雲」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-09-22 00:01:05

広告を非表示にするには