前科・ドス嵐 作品情報

ぜんかどすあらし

“前科”シリーズ第2作目

4年の刑期を終えて出所した松永竜次に、娑婆の空気は冷たかった。所払いにあった竜次は、博徒の長老千石の家に身を寄せ、旧友本田を探したが本田は妹マキを残し、すでに他界していた。その頃、街は高浜と安西の縄張り争いで暗黒化していた。そして、その波は竜次の母安江が経営している飲み屋にまでも及び、借金をかたに安西の魔手が伸びていた。竜次はその危機を小指をつめてきりぬけたが、安西のやりくちは悪辣だった。安西の弟猛は、竜次の恋人マキを襲った。この一件は街の噂になり、千石はマキを横浜に住まわせた。

「前科・ドス嵐」の解説

『博徒無情』の星川清司がシナリオを執筆し、『前科・仮釈放』の小沢啓一が監督した前科シリーズ第2作。撮影は同作品でコンビを組んだ高村倉太郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督小沢啓一
出演渡哲也 麻生れい子 佐藤允 中村竹弥 奈良岡朋子 森光子 青木義朗
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「前科・ドス嵐」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:46:19

広告を非表示にするには