花と怒涛 作品情報

はなとどとう

監督・鈴木清順、主演・小林旭による侠客もの

頃は大正、尾形菊治は、東京湾埋立地の負債をする村田組の飯場で土工たちの人望を克ちとっていた。ある夜、菊治は村田組の小頭桜田と乾分に襲われた。近くの料亭からこれを見ていた馬族芸者万竜に助けられたが、反対に桜田にその度胸のよさをかわれた。ある日村田組とは大東電力の工事をめぐってライバルである玉井組の賭場へのりこんで菊治は一勝負挑んだ。と、そこへかつて浅草六区で格闘寸前となった、不気味な殺し屋風の吉村と再会した。

「花と怒涛」の解説

青山光二、舟橋和郎の原作を、『地獄の夜は真紅だぜ』の阿部桂一と木村威夫が共同で脚色、『関東無宿』の鈴木清順が監督した侠客もの。撮影は『競輪上人行状記』の永塚一栄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督鈴木清順
出演小林旭 松原智恵子 滝沢修 山内明 深江章喜 嵯峨善兵 宮部昭夫 川地民夫 久保菜穂子
制作国 日本(1964)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「花と怒涛」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-03-09 00:01:22

広告を非表示にするには