TOKYO NOIR 作品情報

とうきょうのわーる

夜の街を泳ぐ女たちの3つのストーリー

恋人もなく、仕事オンリーのさえない毎日を送る真理(吉本多香美)は、35歳の誕生日を目前に控え、憂鬱を募らせている。幼い頃から「誕生日には決まって良くないことが起きる」のだ。そんなある夜、謎めいた美容室に招き入れられて…。(『Part 1:BIRTHDAY』)大学生の美由紀(中村愛美)は、恋人を横取りされて以来、毎夜、風俗嬢のバイトで荒稼ぎしていたが…。(『Part 2:GIRL'S LIFE』)恋人が突然姿を消して動揺する奈緒(関彩)は、同姓同名の“愛人・ナオの独り言”というサイトを見つける…。(『Part 3: NIGHT LOVERS』)

「TOKYO NOIR」の解説

愛ゆえに傷つき、あがく、受難の女たちを3本の短編で描いているのが本作だ。仕事でのキャリアをそれなりに築きながらも、年下の女子社員には馬鹿にされ、男性上司からもなんとなく疎まれている独身女の日常が劇的な変化を遂げる。吉本多香美の化粧っ気のない虚ろな表情にリアリティがある。風俗のバイトに精を出す女子大生は、本音の部分では、女のために命を投げ出す男に憧れている。愛がすべてと信じたいOLは、“愛人”という役割を演じる、もう一人の自分の存在を知り、セックスと愛について未知の領域に踏み込んで行く。

昼と夜の顔を持つ彼女たちは、誰もが少し孤独だが、決して孤立無援ではないし、絶望もしていない。もがき苦しみながらも、勇敢に人生を続けて行くのだ。エンディングに流れる川村結花の歌が、爽やかにそれを暗示している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年9月25日
キャスト 監督石岡正人 熊澤尚人
出演吉本多香美 中村愛美 吉野きみか 関彩 利重剛 光石研 ベンガル 和田聡宏 温水洋一 水橋研二 遠藤憲一 峰岸徹
配給 ケイエスエス=日本出版販売
制作国 日本(2004)
上映時間 127分

(C)2004 「Tokyo Noir」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「TOKYO NOIR」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:46:04

広告を非表示にするには