大人は判ってくれない 作品情報

おとなはわかってくれない

フランソワ・トリュフォー、第1回監督作品

大人たちは少年時代を思い出しては、楽しかったという。が、12歳のアントワーヌ(ジャン・ピエール・レオー)には、毎日がいやなことの連続だ。その日も、彼は学校で立たされ、宿題を課せられた。が、親子3人暮しのアパートには共かせぎの両親が帰る前に、日課の掃除が待ってい、口やかましい母親と、妻の顔色をうかがう父親とのあわただしい食事がすむと、そのあと片づけで、宿題をやる暇はなかった。翌朝、登校の途中、親友のルネと出会うと、彼は学校へ行くのをやめ、2人で1日を遊び過した…。

「大人は判ってくれない」の解説

フランソワ・トリュフォーの第1回監督作品。脚色はマルセル・ムーシーとトリュフォーの共同で、撮影を『いとこ同志』のアンリ・ドカエ、音楽をジャン・コンスタンタンが担当。出演は主役に扮する12歳のジャン・ピエール・レオーの他に、クレール・モーリエ、アルベール・レミ、ギイ・ドコンブル、パトリック・オーフェイ等。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督フランソワ・トリュフォー
出演ジャン・ピエール・レオ クレール・モーリエ アルベール・レミ
制作国 フランス(1959)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、5件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-11-09

「ヒッチコック/トリュフォー」と云うinterview本に在る様に本篇は少年たちのタイプライター盗みのシーン始めヒッチコック・タッチが随所に観られるんだ。人形劇を児童が見ている場面のrealism感は後のカラー作品〈トリュフォーの思春期〉に引き続き登場する素晴らしい真正面の顔顔顔…の群像へと到る👦🧒🧑👧

最終更新日:2019-11-14 16:00:07

広告を非表示にするには