赤い夕陽の渡り鳥 作品情報

あかいゆうひのわたりどり

小林旭、宍戸錠出演の渡り鳥シリーズ第4弾

ギターを背に風来坊の滝伸次は会津磐梯山の麓に現われた。父越谷大造と遊びに来ていた少年信夫を山道で救った伸次は、ハジキの政に馬を奪われた。野性的な女マキに放火の疑いをかけられた政を伸次は救った。温泉町のキャバレー“オハラ”で流した伸次は、マダムが越谷と一緒にいた女あけみであることを知った。賭場で50万の穴をあけた政が伸次に挑戦した。イカサマを見破った伸次は、政の銃口があけみに向けられていたのを見た。東京で親分を裏切ったあけみを殺すために来たが、政はあけみに同棲を迫った。

「赤い夕陽の渡り鳥」の解説

小林旭の渡り鳥シリーズの第4編。原健三郎の原作を、『海を渡る波止場の風』のコンビ山崎巌と大川久男が脚色し、『渡り鳥いつまた帰る』の斎藤武市が監督した。撮影も同じく『渡り鳥いつまた帰る』の高村倉太郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督斎藤武市
原作原健三郎
出演小林旭 宍戸錠 浅丘ルリ子 白木マリ 楠侑子 村瀬辰也 大坂志郎 島津雅彦
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「赤い夕陽の渡り鳥」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-03-18 00:01:02

広告を非表示にするには