17歳の処方箋 作品情報

じゅうななさいのしょほうせん

ダメな青春にだって、未来はある!俳優たちの演技が光る青春ストーリー

イグビー(キーラン・カルキン)が、また高校を退学になった。母親のミミはイグビーを無理やり士官学校に入れるが、ここでもトラブルを起こしたイグビーは、夏の間、ニューヨークで名付け親DHの仕事を手伝うことに。DHの愛人レイチェルや、恋心を抱く年上のスーキーらに囲まれ自由を満喫するイグビー。そして夏が過ぎ、ミミがイグビーを再び私立高校へ入れるため迎えにくる。スーキーは兄のオリバーに奪われ、何もかもうまくいかない中、イグビーはミミが末期の乳がんだと知らされる。

「17歳の処方箋」の解説

裕福なエリートだが崩壊寸前、という家族に、「落ちこぼれ」のレッテルを貼られたイグビーの物語。大勢のキャラクターをそれぞれに光らせ、ひとりの少年の成長を彩っていくところが魅力だ。トラブルメーカーでもひねくれていない落ちこぼれ、イグビーを演じるのはキーラン・カルキン。

一方、エリート大学生ながらどこか曲者の兄オリバーを、ライアン・フィリップがクールに演じる。高慢で神経質なミミにはスーザン・サランドン、大柄なゴッドファーザーにジェフ・ゴールドブラム、スーキー役のクレア・デインズやレイチェル役のアマンダ・ピートなど、存在感あふれる俳優たちの大共演は、群像劇としても見ごたえ充分。コミカルだけど切なさもあって、痛々しいけどやっぱり希望に胸が膨らむような秀作。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年9月11日
キャスト 監督・脚本バー・スティアーズ
出演キーラン・カルキン ライアン・フィリップ スーザン・サランドン クレア・デインズ ジェフ・ゴールドブラム アマンダ・ピート ジャレッド・ハリス ビル・プルマン
配給 エスピーオー
制作国 アメリカ(2002)
上映時間 98分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「17歳の処方箋」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:54

広告を非表示にするには