拳銃無頼帖 抜き射ちの竜 作品情報

けんじゅうぶらいちょうぬきうちのりゅう

赤木圭一郎、宍戸錠出演のアクション・ドラマ

銀座の裏通りにある病院から、一人の麻薬患者が退院した。竜二こと“抜き射ちの竜”だ。彼は相手の肩を射抜く、殺さぬ殺し屋として怖れられていた。竜二は宮地組組長の宮地と幹部の三田を射った後、禁断症状で気を失ったのだが救けられて病院へかつぎこまれた。救った男は“コルトの銀”だった。竜二は入院費を出してくれた楊三元という男の用心棒になった。楊は麻薬密輸団のボスで、その売りさばきは堀組の手を通していたが、最近堀組に当局の手が廻りはじめたので、堀組と手を切ろうと決心していた。

「拳銃無頼帖 抜き射ちの竜」の解説

城戸礼の原作を、『傷だらけの掟』の山崎巌が脚色し『銀座旋風児 黒幕は誰だ』のコンビ野口博志が監督し、永塚一栄が撮影したアクション・ドラマ。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督野口博志
原作城戸礼
脚色山崎巌
出演赤木圭一郎 宍戸錠 浅丘ルリ子 香月美奈子 沢本忠雄 草薙幸二郎 菅井一郎 西村晃
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「拳銃無頼帖 抜き射ちの竜」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:52

広告を非表示にするには