北帰行より 渡り鳥北へ帰る 作品情報

きたきこうよりわたりどりきたへかえる

小林旭主演の“渡り鳥”ものの一編

ギターと親友浩一の遺骨を抱えた渡り鳥の伸次が、函館に着いた。浩一の故郷がこの港町なのだ。2人は東京のナイトクラブの楽団員だが、麻薬中毒の浩一は何者かに殺されたのである。浩一の実家である岡野造船所を訪ねた伸次に、父の治五郎が剣もホロロだったのは、造船所の経営が思わしくないからだ。妹の由美だけは伸次に好意をもち、兄は幸江という女と結婚していると告げた。伸次はキャバレ・ロキシーに出かけて幸江を指名したが、ボスの黒川はその伸次をただの流れ者でないと見破った。事実、伸次が探しているのは浩一を殺した男だ。

「北帰行より 渡り鳥北へ帰る」の解説

山野良夫の原作を『紅の銃帯』の山崎巌が脚色。『母ぁちゃん海が知ってるよ』の斎藤武市が監督した渡り鳥もの。撮影もコンビの高村倉太郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督斎藤武市
原作山野良夫
出演小林旭 郷えい治 浅丘ルリ子 小園蓉子 白木マリ 佐々木孝丸 青山恭二 河上信夫 田代みどり 島津雅彦
制作国 日本(1962)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「北帰行より 渡り鳥北へ帰る」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:45

広告を非表示にするには