喜劇 婚前旅行 作品情報

きげきこんぜんりょこう

“旅行”シリーズ第2作目

田村家は代々の早熟を確たる特徴としていた。二代目宏吉は、初代吉五郎が17歳の時に生まれ、三代目昭太も宏吉が17歳の時の子供だった。しかも、3人ともヤモメ暮しの現役国鉄マンである。宏吉は、昭太の母校で体育の教師をしている榊原圭子に想いを寄せていた。ところが、昭太の恋人美智子の姉小夜子に求愛され困っていた。ある日、東京行きの特急はやぶさに圭子が乗車した。専務車掌の宏吉は、サービスにつとめたが、乗客係昭太から圭子が見合いに行くのだ、と聞かされて愕然。昭太からまだチャンスがあるよ、と慰められて気を取りなおした。

「喜劇 婚前旅行」の解説

『喜劇 大安旅行』の舟橋和郎、瀬川昌治、高羽哲夫が脚本・監督・撮影を担当した喜劇。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督瀬川昌治
原作・脚本舟橋和郎
出演フランキー堺 森田健作 伴淳三郎 ミヤコ蝶々 倍賞千恵子 江美早苗 ピンキーとキラーズ 長沢純 宮城千賀子
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「喜劇 婚前旅行」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:37

広告を非表示にするには