ディープ・ブルー 作品情報

でぃーぷぶるー

科学者も驚嘆した奇跡の映像 を目撃せよ! 7年がかりで製作された、渾身の海洋ドキュメンタリー超大作

地球の表面積の実に70%を占め、膨大な生命を育む海-。隊列を組んで海を渡りながらジャンプを競い合う、陽気なハシナガイルカ。まだ満足に泳げない子供のアシカを狙い、浅瀬まで乗り上げてきたシャチの決死の狩り、その残酷な結末。透明な体を青く輝かせ、無数に漂う幻想的なミズクラゲ。外敵から身を守るため、巨大な塊となって素早く逃げ回るイワシの大群と、海鳥やイルカ、サメの激しい攻防…。カメラは世界中の海を尋ね、あらゆる生物の営みを捉えていく。

「ディープ・ブルー」の解説

製作7年、ロケ地200ヶ所、撮影7000時間-。奇跡と執念の海洋ドキュメンタリーが生まれた。スタッフはまず、丸一年かけ何百人もの科学者に会い、綿密なリサーチを行った。その後、危険で困難なサメや北極圏の撮影にはその道のプロカメラマンの手を借り、20もの撮影チームを組んで世界中に配したが、それでも撮影に4年半かかったという。

深海の撮影では、映像を提供する条件で科学者に潜水艇を借りたが、高性能カメラの鮮明な映像で新種を発見、学会を驚かせた。こうした迫力の映像を、説明は極力排した詩的なナレーションと、映画音楽を初めて引き受けたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が壮大に彩っている。7色に発光するUFOのような深海生物を見るだけでも、一見の価値ある作品だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年7月17日
キャスト 監督・脚本アラステア・フォザーギル アンディ・バイヤット
製作BBCワールドワイド グリーンライト・メディア
ナレーションマイケル・ガンボン
配給 東北新社
制作国 イギリス=ドイツ(2003)
上映時間 91分

(C)BBC Worldwide 2003

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-01-24

雄大な鯨等の姿が凛凛しいドキュメンタリー・フィルムの本編に因んだ様なタイトルの劇映画がB級サメ映画「デイープブルー・ライジング」だった…。地球温暖化で北極海に出現した巨大鮫と抗う作品,ユニバーサル・スタジオのジョウズ模型宜しく本編セットの映画美術が気になって視聴していた海洋サスペンスー?

最終更新日:2020-02-19 11:33:02

広告を非表示にするには