IZO 作品情報

いぞう

三池&武知コンビが生ぬるい社会をたたき斬る、時代を超えた天誅映画

幕末時代、「人斬り」として恐れられた岡田以蔵が処刑された。土佐の首領・武市半平太に操られ、権力の元に散った以蔵の魂は、現代の東京で蘇る。以蔵が向かうのは、時空を超越した世界・位相の全権力を把握する貴族院。そこを取り仕切る半平太は、様々な時代の暗殺者たちを以蔵の元へ送り込んだ。さらに、以蔵が生前に手にかけた者たちが次々と現れ、彼の行く手を阻む。憎しみをあらわにし、傷を負いながらも殺戮を繰り広げる以蔵は、やがてその体を変化させていく。

「IZO」の解説

溢れる情報に踊らされ、日和見主義に生かされる人間たちに激烈な渇を入れる「とんでもない」映画が登場した。欺瞞に満ちた社会に怒りを爆発させる男・以蔵が、始めから終わりまで、相手を選ばず斬って斬って、ひたすら斬りつづける。そんな超バイオレンスの中に、人間の存在とは?生きるべき道とは?という問いかけが響き渡る。

「とんでもない」というのは、その設定だけではない。以蔵を演じた中山一也を始め、美木良介、ビートたけし、松田龍平、桃井かおり、片岡鶴太郎、内田裕也、ミッキー・カーチス、松方弘樹、緒形拳、ボブ・サップ…数え上げればきりがない豪華俳優陣の出演には目を見張るばかり。さすが、三池崇史と武知鎮典のコンビが組めば、「普通」などあるはずもない。70年代フォークの友川かずきが諸所で歌うギター曲も、絶大な効果を出している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年8月21日
キャスト 監督三池崇史
脚本武知鎮典
出演中山一也 美木良介 松田龍平 桃井かおり ビートたけし
配給 チームオクヤマ
制作国 日本(2004)
年齢制限 R-15
上映時間 128分

(C)IZOパートナーズ(ケイエスエス/オフィスキタノ/エクセレントフィルム)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「IZO」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:18

広告を非表示にするには