花の特攻隊 ああ戦友よ 作品情報

はなのとっこうたいああせんゆうよ

杉良太郎、藤竜也出演の戦争と青春をみつめたドラマ

昭和18年。戦局はすでに日本の不利に展開していた。父の戦死の報をうけた浜村真吉は嘆く母や恋人の三保を残し、学友の田川や内藤とともに土浦の海軍航空隊に志願した。土浦での苛烈な規律と訓練のなか、田川が練習機で墜落死した。やがて、同期の桜たちとともに、海軍飛行少尉を拝命した真吉は鹿屋基地に配属された。ここでの特攻教育はさらに厳しいものだった。その頃、三保が真吉に逢いたい一念で、准看護婦として、海軍病院へやってきた。

「花の特攻隊 ああ戦友よ」の解説

川内康範の原作「花の特攻隊」をもとに『女の警察 国際線待合室』の中西隆三が脚本を書き、『夜の牝 花のいのち』の森永健次郎が監督した戦争と青春をみつめたドラマ。撮影は『女の警察 国際線待合室』の山崎善弘が担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森永健次郎
原作川内康範
出演杉良太郎 藤竜也 長谷川明男 浜田光夫 岡崎二朗 川口恒 沖雅也 南原宏治 渡哲也
制作国 日本(1970)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「花の特攻隊 ああ戦友よ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:08

広告を非表示にするには