天と地を駈ける男 作品情報

てんとちをかけるおとこ

裕次郎がパイロットに扮して活躍する航空映画

鉄男の勤めるAB航空はヤクザに乗取られ倒産寸前であった。飛行機を取られては一大事と折からの嵐の中をセスナで逃げだしたが、燃料が尽きて砂浜に墜落した。入院した鉄男は女医尾関慧子の厳然たる態度に完全にクワれてしまった。退院後鉄男は母花子に坐禅堂に入れられたが、母の奔走で日本空輸に入社することになった。飛行課長に紹介されて鉄男は驚いた。坐禅堂で会った尾関であったからである。また航空医学を担当するのが慧子と聞いて喜んだ…。

「天と地を駈ける男」の解説

裕次郎がパイロットに扮して活躍する航空映画。直居欽哉・横山保朗の脚本を、『男が爆発する』の舛田利雄が監督し、『浮気の季節』の岩佐一泉が撮影した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督舛田利雄
出演石原裕次郎 沢井杏介 武藤章生 近藤宏 山中大成 河合健二 北原三枝 芦田伸介 二谷英明 川地民夫
制作国 日本(1959)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「天と地を駈ける男」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:03

広告を非表示にするには