禁断の事件簿 ストーカーを愛した女 作品情報

きんだんのじけんぼすとーかーをあいしたおんな

気鋭女性作家が、現代社会で起こり得る歪んだ愛の形を暴き出す!

大学院生の安岡真理子は担当教授、権藤のセクハラに悩まされていた。「キミがイヤなら強制はしないよ。ただし、本当にイヤならね…」脅迫ともいえる言葉とともに日々エスカレートする権藤の素行。心も体もボロボロになりかけた真理子は、ある日自分が誰かに見られているような感覚を覚える。それ以降、セクハラ現場の盗撮写真が権藤に送りつけられたり、部屋に盗聴器が仕掛けられていたり、見えない影が一歩ずつ真理子に近づいていた。

「禁断の事件簿 ストーカーを愛した女」の解説

竹中直人、小島聖の共演で話題となった「完全なる飼育」から5年。その原作者である松田美智子が今回監修したのは、女子大生とストーカーのねじれた愛情の行方。実際に起こった事件から犯罪者と被害者の心理の移り変わりを如実に表現する松田ならではの感性が、現代にはびこるストーカー犯罪の危険性と人間の弱さをあぶり出した。

一途な想いをうまく伝えられない人は世の中にたくさんいる。そんな純情が激しい憎しみや妄想に変わったとき、人は踏み出してはならない道を歩み出すのかもしれない。自分自身が抱えるもろさに気づかされそうな究極の愛憎劇だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年4月10日
キャスト 監督永岡久明
脚本・監修松田美智子
出演未向 津田寛治 峰岸徹
配給 竹書房
制作国 日本(2004)
上映時間 109分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「禁断の事件簿 ストーカーを愛した女」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:44:47

広告を非表示にするには